モンテッソーリ教育を受けていた有名人|子どもの個性を伸ばす!早期英語教育のサンライズキッズエデュケーション

   お電話でのお問い合わせ(月〜金9:00〜18:00)
横浜校
東京校

HOME > お役立ちコンテンツINDEX > モンテッソーリ教育 > モンテッソーリ教育を受けていた有名人

お役立ちコンテンツ
モンテッソーリ教育 モンテッソーリ教育を受けていた有名人

モンテッソーリ教育とは14歳にしてプロデビューから破竹の勢いで連勝を勝ち取った、将棋の藤井聡太四段。
彼もモンテッソーリ教育を行う幼稚園に通っていたと話題になりました。
自立した考え、率先する力や創造力、自信、成功を手にしているモンテッソーリ教育の影響を受けた方々。
国内外のさまざまな業界で活躍する「天才」と呼ばれる方の多くがモンテッソーリ教育プログラムの出身者と言われています。
こちらではモンテッソーリ教育を受けていた有名人をご紹介しましょう。

AMAZON.COM 創設者−ジェフ・ベゾス

「多くの努力は行き止まりになってしまうことが多いが、そんなことを繰り返しているうちにいつか路地裏に迷い込み、最後には大きな所に辿り着くものなんです。」
あのAmazonの創業者であり、世界第2位の資産家であるジェフ・ベゾス。
1995年にオンライン書店としてAmazon.comを開始。株式上場当初10年後の会社の未来図を作り、自分が何をすべきかどうするか明確なビジョンを持っていました。彼の確固たるビジョンを作る力はモンテッソーリ教育の自由な創造性が生み出したともいわれています。

GOOGLEの共同創業者−セルゲイ・ブリンとラリー・ペイジ

「決められたルールや学校秩序にとらわれず、世界で今何が起きているのかを追求し、なにか違うことをしてみようかな、と自分で意欲的に考えるトレーニングとなったんだと思う。」
モンテッソーリ教育がGoogleの成功の鍵を握っていると明言しているセルゲイ・ブリンとラリー・ペイジ。
Googleの「1週間(月〜金)のうち1日は自分の仕事以外のことに取り組もう」という「20%ルール」は、自発的に何かを学んでいくというモンテッソーリ教育をモデルにしています。
そこからさまざまなGoogleイノベーションが生まれているといっても過言ではないでしょう。

マネジメントの父−ピーター・ドラッカー

世界中の経営者が彼のマネジメント学を勉強しているといわれるピーター・ドラッカー。
ドラッカーのマネジメント理念では、仕事をしていく中で人との信頼や確固たる経営理念を提唱していて、人間関係を重視した組織づくりをあげています。
会社という組織、人間、その器と流れを見渡す洞察力や経営における創造性はモンテッソーリ教育の影響が少なからずあったといわれています。

映画界のスター−ジョージ・クルーニー

俳優だけでなく、映画監督、脚本家、映画プロデューサーとしてマルチな才能を発揮し、何度もアカデミー賞にノミネートされているジョージ・クルーニー。
近年は人権活動家、政治活動家として知られるようになっており、国連ピース・メッセンジャーとしても活動しています。
そんな彼もまたモンテッソーリ教育を受けていました。これまでの功績や現在の活動状況をみても根底にモンテッソーリ教育の文化が息づいていることがわかります。

世界クラスのパフォーマー−ビヨンセ・ジゼル・ノウルズ

歴史のあるグラミー賞に誰よりも多くノミネートされており、ポップミュージックで最も高く評価されている人物のひとりであるビヨンセ。
シンガーソングライター、女優、ファッションデザイナーとして自分を表現するマルチな才能を発信しています。
そんな彼女の才能はヒューストンのモンテッソーリ教育を行っている聖マリア園で開花し、芸術と学問どちらも重視する学校が世界クラスのパフォーマーを生んだといわれています。

他にもイギリス王室のジョージ王子がモンテッソーリ教育を受けていることや、アメリカ前大統領のバラク・オバマをはじめ歴代大統領に何人もモンテッソーリ教育を受けた方々が名を連ねることからも、世界に影響を与える人物を育てる教育法であると言えなくもありません。
トーマス・エジソンやヘレン・ケラー、アンネ・フランクなど偉人として伝えられる人もモンテッソーリ教育を受けてきていることを考えると、そのポテンショナルにかなりの期待がもてますね。

サンライズについて サンライズの英語教育とは よくあるご質問 スタッフブログ サンライズ公式メールマガジン登録 お役立ちコンテンツ
pagetop